添乗員のお仕事

楽しく安全な旅を管理することが、最大のミッション。

楽しく安全な旅を管理することが、最大のミッション。

添乗員とは、その名の通り旅行会社の企画・販売する国内外のパッケージツアーや団体旅行などに、付き添う人員のことを言います。旅行中何くれとなく世話を焼いてくれる人、という印象をお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、正確には、“お客様の旅が快適かつスムーズに進行するよう旅程を管理すること”が最も重要な任務と言えるでしょう。そのため添乗員には、各交通機関や各関係機関・施設との調整を行ったり、お客様が旅を心より楽しめるよう工夫を凝らしたり、突発的なトラブルなどに備えて準備をしたりと、知識や行動力だけでなく、地道な努力が求められるのです。

社員と派遣、どちらがいいの?

添乗員として仕事をするには、旅行会社に入社する方法と派遣会社に登録する方法の2つがあります。添乗の仕事を専門としてやっていきたいのであれば、後者をおすすめいたします。旅行会社の社員として勤務する場合は、添乗を専門にするのは難しいと言われており、実際パッケージツアーに同行する添乗員は、殆どが派遣添乗員です。派遣添乗員は、ツアーごとに派遣会社と雇用契約を結び、その派遣会社と旅行会社とが派遣契約を交わします。後日、その旅行会社の指揮のもと、添乗員として仕事をすることになります。

添乗員が同行するツアーってどんなもの?

募集型企画旅行

募集型企画旅行とは、いわゆるパッケージツアーのこと。旅行会社が、あらかじめ旅行の目的地や訪問ルート、日程、使用する交通機関、宿泊施設、各種サービス、旅行代金などを定め、不特定多数のお客様に対して販売し、実施する旅行のことを言います。内容の割にリーズナブルで人気の旅行形態です。

受注型企画旅行

受注型企画旅行とは、お客様の「こんな旅をしたい!」というご希望(日程・ご予算など)に対して、旅行会社が使用する交通機関、訪問ルート、宿泊施設、各種サービスなどの旅程を企画提案するオーダーメイド旅行のこと。旅行代金の中には、それらの手配費用、企画費用などが含まれています。

手配旅行

手配旅行とは、お客様からのご依頼(委託)を受け、旅行会社が代理・媒介または取次を行い、各交通機関や宿泊施設のサービスを受けることができるよう手配することを言います。上記2つの企画旅行と異なり、旅程を企画するのはお客様ご自身という点が最大の特徴です。

こんな人は添乗員に向いています!

明るく元気な人

添乗員は言わば、旅のエンターテイナーです。まずは、明るく朗らかに挨拶ができること、ハツラツと受け答えができることが基本。だからこそ、ポジティブな明るさが重要となるのです。

好奇心、向上心が強い人

添乗員には自然と旅好きの方が集まる傾向にあります。好きこそものの上手なれ、と言うように、色々なことに興味や関心を持ち、学ぶことのできる人は添乗員に向いています。添乗員は、お客様とのコミュニケ―ション一つを取っても様々な知識や判断能力が求められる仕事です。たくさんのことを学び、それを仕事に活かしましょう。

優しく、気配りのできる人

添乗員は、他の接客業と比べても、人と接する時間が長い上に、常にお客様の健康状態や、心情、また心より楽しまれているかどうかを気にかけなくてはなりません。どんなに素晴らしい場所に行っても、「添乗員の態度が悪かった」、「気が利かなかった」なんてことがあれば、それは棘のように旅の記憶に残ります。常に優しく、心を配ることが必要です。

添乗員になるために必要な条件

  • (1) 国土交通大臣の登録を受けた機関が実施する“旅程管理業務に関する研修”(旅程管理研修)の課程を修了していること。
  • (2) 一定の旅程管理に関する実務経験があること。
  • (3) 欠格事項(成年被後見人であること、刑を受けて5年以内であることなど)に該当しないこと。

資格(旅程管理)の種類

  • (1) 国内旅程管理
    国内旅程管理を修了した場合には国内の実務経験を経て国内のみ添乗をすることができます。
  • (2) 総合旅程管理
    総合とは海外と国内を意味し、総合旅程管理研修を修了した場合には国内は国内実務経験、海外は海外実務経験を経ていれば、国内・海外の両方の添乗をすることができます。
旅行業界・観光業界で働きたい方へ 旅行業界・観光業界で働きたい方へ

まずは、WEB登録をお願いします。

  • 8月スタート仕事特集
  • 大量募集中
  • 急募の仕事紹介

お仕事内容のご紹介未経験からでも始められます!旅行・観光業界のお仕事についてご紹介いたします。

  • 添乗員のお仕事
  • インバウンド・MICE関連のお仕事
  • オフィスワークのお仕事